LIGHT_UP_NIPPON_MOVIE|終了しました|当日14名の参加者にいらしていただき観賞しました。(報告2016/7/25)

7月21日(木)に東日本大震災で被災した東北を舞台とした映画『Light Up Nippon』の上映会を開催します。現在も宮城県気仙沼市で復興支援に取組む日本国際ボランティアセンター(JVC)の気仙沼ボランティアチームとの共催です。

日時:2016年7月21日(木)

時間:19時~21時(開始30分前より開場)

会場:日本国際ボランティアセンター

参加費:600円(今回はドリンクなし)

定員:15名

申込み:こちらのフォームからお申込みください。

映画オフィシャルサイト:http://www.lightupnippon.net/

作品概要:

2011年3月11日に起きた東日本大震災。未曾有の地震と津波による膨大な被害を目の前に、日本中の誰もが下を向き、これから日本がどうなっていくのか不安を抱いていた時、ひたすら上を向いて歩き続けた男がいた。絶対に不可能と思われた、東北太平洋沿岸部10ヶ所での花火同時打ち上げ。それを可能にしたのは、たった一人の男の情熱と、「いつまでも下を向いていられない」と立ち上がった現地の人々の生きる力だった。

密着900時間の映像をもとに描かれる、情熱と真実のドキュメンタリー。ナレーションは女優の黒木瞳が担当。テーマ曲と音楽には坂本龍一が参加。たくさんの人の想い、祈り、希望、夢が詰まった奇跡の花火が、スクリーンに打ち上がる。

監督:柿本ケンサク
プロデューサー:湯川篤毅
撮影:AKKI
ナレーション:黒木瞳
テーマ曲:「赤とんぼ」by Ryuichi Sakamoto
音楽:坂本龍一/コトリンゴ(commmons)
製作:LIGHT UP NIPPON
共作:国際交流基金
制作:ロックンロール・ジャパン
配給:ティ・ジョイ
配給協力:ユナイテッドピープル

2012年/日本/99分/カラー

共催:P-nong Learning Center、JVC気仙沼ボランティアチーム