HIV/AIDSの学習

12月13日(日)、14日(月)の2日間、高校2年生(42名)を対象に保健医療と多様な性(SDGs3と5)をテーマに研修プログラムを実施しました。元々、タイに行き、ラオス国境沿いでHIV/AIDS等の地域保健に携わるNGOと交流する研修旅行でしたが、新型コロナウイルスの感染拡大を受け、学内での実施となりました。

学校の公式ブログでの報告はこちら

13日のプログラム

シェア=国際保健協力市民の会の西山さんを講師に迎え、HIV/AIDSの学習とワークショップを経て、午後はReBitから講師をお招きし、多様な性のあり方について学びました。

感染を疑似的に体感するための「水の交換」のワーク

どういった行動が感染リスクが高いのか、ランキングのワーク

14日のプログラム

14日は、ラオス国境沿いでHIV/AIDS等の地域保健に携わるタイのNGO・HSF(Health and Share Foundation)とオンラインで繋いで、HIV陽性者やLGBTsの実際の当事者から話を聞きました。生徒からもたくさんの質問が寄せられ、それに一つずつ丁寧に答えていただきました。最後にまとめとして、初日にHIV/AIDSとLGBTsに対する生徒のイメージを書き出し、2日間のプログラムを通じて、そのイメージがどのように変化したかを比較するセッションを設けました。「怖い」イメージが多かったHIV/AIDSも、プログラムを通じて「コントロールしていける」といったポジティブなイメージに変わったり、「性の多様性は人の数だけある」「普通を自分基準で決めつけてはいけない」などLGBTsを切り口として多様性の本質に出会う機会になったようです。正しい知識を得て、当事者の皆さんと対話することにより、自分の中の差別や偏見に気づくことでしょう。

タイとオンラインでつなぎLGBTsの当事者から自身のエピソードを直接聞く機会を設けた

タイ側の様子、LGBTsの当事者の方が高校生に語りかける

生徒から寄せられたたくさんの質問カード

まとめのセッション、当初持っていたHIV/AIDSやLGBTsに対するイメージは2日間でどう変化したか