タイに留学している日本人学生から「タイの農村の実際を見たい」とのお問合せをいただき、PLCの森本が暮らすカオデーン農園(ムクダハン県)に来てくれました。留学生活でバンコク中心の暮らしを体験してきた留学生たち。一歩外のタイの姿を学ぼうと半日ほどの短い滞在でしたが真剣なまなざしで農園のこと農村での暮らしについて見聞きしていきました。何人かのコメントを掲載します。

農業を通して命を考えること、身近な生活または自分が普段関心ないことに目を向けることでタイ人的精神やまた自分の中にも新しい方向でものを見てみるきっかけを見出すことができました。(人類学専攻 Yさん)

(本では読んでいましたが)実際に訪れてみるとまた新たな発見があり、(農園にも)一見何ともないように思われる工夫が凝らされていて面白かったです。(園芸学部専攻 Mさん)

今回は短期の訪問でしたが、PLCでは今年、タイに留学している日本人学生を対象にした研修プログラム(農村滞在、農業体験、タイNGO活動視察など)を組んでいきたいと思います。ご希望の方はお問合せ欄よりご連絡ください。

東北タイスタイルで昼食を

東北タイスタイルで昼食を

農園見学

農園見学

学生の皆さんと森本(中央)

学生の皆さんと森本(中央)