「ただ安くて健康で安心な野菜が買えるではだめなんです。この野菜はどうして安いのか、消費者自身がその要因を考える。そうすると生産者が置かれている状況に必ず行きつく。だから、生産者と共に歩み、食と農を支えていく自覚的な消費者が絶対に必要なんです」

タイの参加者に熱いメッセージを送る加藤会長

タイの参加者に熱いメッセージを送る加藤会長

生活クラブ生協連合会会長の加藤さんは冒頭から熱いメッセージをタイの参加者に送りました。生協が単なる物の売り買いの場ではなく、生産者との信頼関係や消費者同士の関係やコミュニケーションを促進する「空間」でなくてはならない、と伝えました。

聞き入るタイの参加者たち

聞き入るタイの参加者たち

午後には世田谷にあるデポー(店舗)を訪問。デポー事業部の部長山本さんへのインタビューが続きました。タイには生産者の組合は各地に大小ありますが、消費者の組合はそう多くはありません。また消費者と生産者が信頼関係を醸成していけるような組合活動は、これからの成長分野であるとも言えます。タイの企業と農家が参加した今回の企画。今後の展開が期待されます。

タイのメディアのインタビューを受けるデポー事業部の山本氏

タイのメディアのインタビューを受けるデポー事業部の山本氏

海外のメディアがこうして大挙することも初めてのようでした。ご協力ありがとうございました。

海外のメディアがこうして大挙することも初めてのようでした。ご協力ありがとうございました。