12/11-12/17まで5泊7日で高校生のタイ研修旅行を実施。生徒52名が参加し、PLCとしても過去最大規模の研修アレンジとなりました。

タイの私立高校キャンパスツアー

「教育と貧困」をテーマに、タイの私立高校と子どもの貧困問題に取り組むNGOが運営する教育機関「子どもの村学園」との交流をメインに、タイの文化・歴史を学ぶ6日間のプログラム。タイ語で直接会話できなくても、英語やボディランゲージ、スポーツでの交流を通して、言葉だけじゃないコミュニケーションを感じ取ってもらえたよう。事前研修から始まって半年以上におよぶプログラムでしたが、全体を通じて「これから自分にできること」を真剣に考える機会を提供できました。

子どもの村学園でスタッフにインタビューしました

子どもの村学園での夜の交流会の様子。日本からはソーラン節の踊りを披露しました。

子どもの村学園の子どもたちにとっても特別な時間を過ごせたのではないでしょうか

プログラムの公式な記録はこちらに掲載されています:工学院大学附属高等学校グローバルプロジェクト